スポンサーリンク

始めに・・・・

ここでは開業までの大体のスケジュールを把握しておきましょう。

せっかく開業の決意をしたのであれば少しでも開業時に生徒の獲得ができるように大きな募集期(3月、7月、12月)に合わせて開業したいです。5月に開業とかもう最悪です。新学期の変わり目である3月、夏休み直前の7月、冬休み直前の12月当たりが狙い目です。

本格的な募集活動を始めてから効果が出始めるまでおよそ1カ月は様子をみたいです。

そのため例えば「3月の頭から開業したい!!」と思ったらどんなに遅くても2月の中旬・・できれば2月初旬から募集活動を始めなければいけません。それらを意識して開業を進めましょう。

スポンサーリンク

大体のかかる時間

物件交渉・・物件が「ここがいい!!」と決まってから正式に引き渡しになるまで2週間程度かかります。

ネット発注・開通・・「開通したい」と新規に問い合わせをしてからおよそ2週間でネット環境が整います。

内装工事・・賃貸物件がスケルトン物件の場合はおよそ1カ月、そうでない場合はおよそ1週間程度で終わります。

看板作成・工事・・こちらも新規問い合わせをしてからおよそ1カ月程度で終わります。

備品発注・・アスクルなどのサイトを使えばおよそ3日で届きます。

教科書発注・・出版会社にもよりますが3日もあれば十分間に合います。

チラシ作成・・チラシ作成を業者に委託する場合は2週間~3週間程度様子を見た置いて下さい。自身でチラシを作る場合は自分次第です。

HP作成・・業者委託ならば1週間、自作の場合は自分次第となります。

開業までの時系列

開業まで残り・・4カ月

このあたりから物件を探し始めましょう。ある程度場所が絞れていればそのこまで多く時間はかからないかと思われます。しかし例えば「自宅から30分以内でいける場所」としていた場合大都市圏であればこの条件でかなりの数が候補として挙がってきます。そこから家賃などを考えても最終的に20候補ぐらいは残ると思います。私は始めから駅を限定、50㎡以上、家賃18万以下で探しましたがそれでも14候補ありました。自分の大切な拠点です。必ず候補地は自分の目で確かめて下さい。「行ってみたら写真よりはるかに汚かった」「微妙と思っていたらいい場所だった」「ただただ暗い・・」など行ってみたらびっくり!!という物件は多いです。

開業まで残り・・3カ月

①商品設計・・開業する塾のコンセプト、料金、月謝の回収方法、運営シュミレーションを作成しましょう。特に塾のコンセプト大切です。ここがブレると自分本位になりすぎたり、顧客本位になりすぎたりします。価格に関しても高すぎたら当然顧客は来ませんし安すぎても自分が生活できなくなります。何事もバランスが大切です。月謝の回収は方法はクレジット払いをオススメします。以外と喜ばれます。迷ったら「Comiru」で検索してみて下さい。

②HP・ブログの作成・・早いに越したことはありません。今作ったとしてもどうせ見る人いもいないです。しかし看板ができてくるとHPを検索する人もでてきます。また、後半になるとかなり忙しくなるのでここら辺でつくっておきましょう。特にブログにはしっかりHPへのリンクを貼りできれば毎日更新するといいでしょう。大体100ページ作れば検索で上位に上がってくるのでブログからの問い合わせも起きやすくなります。

③物件の契約・・前月から探していればそろそろ物件の本契約になると思います。来月からの契約にして少しでも費用を抑えましょう。

開業まで残り・・2カ月

①電話線、ネット発注・・電話線申し込みの時に必須なのが「転送システム。」自分がいない時に塾に電話がかかってきても自分のい携帯にかかってきた電話を転送することが可能です。これをやっておかないと午前中にかかってきてた問い合わせの電話を逃すことになります。その問い合わせの電話を鳴らすのにいくら掛かることか・・・
ネット発注は自分がどの形態の学習塾を運営するかで若干変わります。ネットを使った自立型にするのであれば当然「早い」ものを選ばなければいけませんし、場合によっては「固定IP」が必要な場合があります。事前に調べておきましょう。会社がいっぱいあって迷う!!という方はとりあえず【So-net光プラス】がオススメです。割引を受けるのに余計なオプションに加入する必要がないので解約忘れで課金したり解約する手間がないのが嬉しいですね。

複合機も必要になります。コピー機.com でほぼ間違いないです。リースにするのであれば「1枚0.7円」を目標に交渉しましょう。「1枚1.2円」とか高すぎます。

②備品の発注・・机やパーテーションなど必要なものを発注しましょう。机や椅子は既製品ではなく板やバラバラで届くので組立作業が必要です。まぁお金払って組立もやってもらえますが・・自分でやった方が無難でしょう。アスクルで調べればほぼ揃います。

③看板の発注・・看板は非常に大切です。デザインはしっかり考えましょう。物件の引き渡しが完了していればすぐにでも看板業者に依頼をしたいです。同時に窓ガラスにはるカッティングシートも発注をしてしまいましょう。看板業社に頼めばそのままやってもらえます。

④チラシの作成・・業者に頼む場合は1週目には依頼を出しましょう。そうすると3週目あたりに完成するのでポスティング業者にお願いをしましょう。同じところを3週連続か、4週連続でお願いしましょう。1回ではほぼ問い合わせはないと思って下さい。また、ポスティング業者は大体2週間前に依頼をするとすんなり引き受けてもらえます。ちなみにポスティングは首都圏ならば「1万枚配布して1人入塾」と思って下さい。

開業まで残り・・1カ月

①校門配布・・まずは認知してもらうために校門配布を行いましょう。楽しく笑顔でやることを意識して下さい。暗い塾長では人は集まりません。

②ポスティング業者に依頼をしていればあとは基本待つだけです。

開業まで残り・・2週間

ブログ、ポスティングの効果も出始め問い合わせがくるころかと思われます。ここからはあなたの腕のみせどころです。自分本位にならずしっかり保護者の話を聞き、自分達には何ができるのかをウソをつかずに話しましょう。

開業・・前日

リラックス・・・おやすみなさいzzzzzzzz

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事