こんにちは!!

次は学習塾開業の上で必要な備品についてみていきましょう。

未経験から学習塾業界に入ると何をそろえればいいのか、何があれば便利なのか迷うと思います。

今回はそんな悩みを解消するために「必要なもの」「あればいいもの」「個人の好み」とわけて書いていきます。併せて備品にかかるおおよその金額も載せていますのでご参考ください。

しかし、正直ほとんど「想像通り」というものがほとんどです。掲示物などは手作りすることが可能なので「本当に必要なもの」はそんなに数はないですね。

スポンサーリンク

必要なもの

まず確実に必要なものを列挙します。「まぁ当然だな」と思うものたちばかりです。

パソコン

生徒用と社員用は必ず別けましょう。

社員用のパソコンは「生徒情報」「講師情報」など個人情報のパラダイスです。

絶対に生徒に触らせてはいけません。

社員用に1台・生徒用に8~10台をお勧めします。はじめに生徒用を買いすぎると開いている机だらけで「まったく人気のない塾」のように見えてしまいます。そのため多く注文するのはおススメしません。

生徒用のパソコンは8台あれば「生徒数50人」ぐらいはカバーできます。満席の時間がある程度増えてきてから新しく発注するようにしましょう。

机・椅子

これがないと話になりません。

パソコンの台数分+自習用8~20台は必要です。

どのように運営するかで自習用の机の数は決まります。開業当初は成績がよくない子が基本的に集まります。そのため自習スペースが使われることはほとんどありません。

しかし、運営上「テスト前は毎日3時間以上の自習が条件」などを掲げた場合は当然自習用机は必要になります。どのような運営をしたいのかを考えてから数を決めましょう。

もし迷ったらとりあえず合計18脚発注しましょう。これで当面はなんとかなります。

本棚

5段の大き目のやつを2つがいいです。

小学生、中学生、高校生それぞれの教材を本棚に入れるとそれだけで本棚1つは潰れます。それ以外にも新規生徒用の教材や過去問、学校の教科書などを置くにはやはり2つは必要です。

1つでもギリギリ足りますが教材を絞る必要が出てくるのでお勧めできません。

下駄箱

4段のものを1~2つ。

教室の規模で決めましょう。生徒数が50人程度なら1つ、それ以上なら2つ。120人を超えるなら3つ用意した方がいいです。

下駄箱に入りきらないくつがあると見栄えが非常によろしくないので溢れるくつがないように注意をしましょう。

複合機

コピー機だけだと不便です。パソコン内にSCANできる複合機を選びましょう。

購入するかリースにするかは意見が分かれるところではありますが筆者はリースを進めます。

コピー機.com で頼むと早いです。

 

時計

設定でチャイムがなる時計がいいです。

パンフレット

塾の顔になるものです。しっかり作りましょう。

資料請求などをされると「パンフレットを見て体験授業を受けるか決める」という人は非常に多いです。もしチープなパンフレットだとその時点で選んでもらえなくなります。

固定電話

携帯しかないは避けてください。想像してみて下さい。何かを問い合わせるとき、どんな番号だったらちゃんとしていると思えますか。

フリーダイヤル>固定電話>携帯番号>ライン・・だと思います。

はじめはフリーダイヤルまでは取得しなくてもいいと思いますがせめて固定電話にしましょう。

バインダー

これは大量にあった方がいいです。

「入会申込書」「受験対策講座申込書」「退会届」「模試申込書」などたくさんの書類を預かります。

それぞれにわけて保管するようにしないと「もらった申込書を紛失」ということが起こりかねません。個人情報保護的にも信用信頼的にも非常によろしくないです。また書類の管理ができていない人はたいてい教室が汚いので販促活動的にも不利に働きます。

書類を補完する方法はきちんと考えましょう。

スポンサーリンク

あればいいもの

ここに書くものは「なくてもいいけどあればいいな」的なものたちです。必要に応じて買い揃えましょう。

ホワイトボード(壁に貼る式)

コロコロで動くタイプのホワイトボードでも問題はありませんがはじめはおそらくそんなに大きくないテナントを借りると思います。そうするとコロコロタイプだと場所を取りすぎて邪魔なので壁に貼るタイプをお勧めします。授業として使ってもよし、連絡事項として使ってもよしです。

パーテーション

保護者面談用のブースが区切られるようにパーテーションを配置しましょう。ありすぎると教室が狭く感じてしまうので圧迫感が生まれるのでお勧めできません。2~4枚ぐらいあれば足ります。

ミニラック

机の上のおける引き出し付きのやつです。この中によく使う書類を入れておけばすぐに取り出せます。業務を少しでも楽に素早く。

個人の好み

ここは好みなので筆者が便利と思ったものを載せておきます。

ラミネーター

オリジナルの掲示物をたくさん作りたい人は持っておいた方がいいかもしれません。ラミネート加工しておけば貼ってある紙が捲れたり変色するのを防げます。

No.11のホッチキス

No.10のホッチキスだと止められないものが出てきます・・割と頻繁に。

ヘッドホン

映像型授業の受講生徒で1週間やれば1人はイヤホンを忘れてきます。それでは授業にならないので予備を持っておきましょう。

タイマー

授業開始の小テストなど使い方はいろいろ。あると便利なことが多い。

マジックリン

どんなに机が汚れていてもマジックリンで拭けばほとんどの汚れはなくなります。不思議。

値段

ここに書いてある値段は大体の値段です。いいものを買えば高くなるし安くすることもできます。目安です。

パソコン社員用 10万円

パソコン生徒用 3万円×8台

椅子・机セット 3万円×18セット

事務机     2万円

本棚      4万円

パンフレット  40万円

ホワイトボード 2万円

ラミネーター  1万円

小物      100~300円

計       137万円

が、大体かかってくる金額になります。ただ、ここに書いてある値段は結構高いものを買った場合になります。パソコンは1.5万円ぐらい、机椅子セットは8000円程度、パンフレットも10万円程度で購入可能です。

結局は自分の好みと財布と相談をして決めましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事