こんにちは!!

学習塾開業にあたりどのタイミングで開業するかは非常に大切です。時期を間違ると「1カ月以上生徒0」の状態が続く可能性があります。

ここでは開業すべきオススメのタイミングと絶対に開業してはいけないタイミングの紹介をしていきます。今務めている会社をいつ退職できるかにもよりますが一般論を述べますので一考してみて下さい。

スポンサーリンク

オススメのタイミング ①2~3月

学習塾業界では「年間最大の募集期」と言われるほど大切な時期です。

そのためこのタイミングで開業する人は多いです。学年の変わり目ということで心機一転新しいところで!!と考える生徒保護者が多くいるからです。また小学生まで、中学生までと謳っている塾は多くあるので小学校を卒業した新中学生、中学校を卒業した新高校生を取り込むチャンスです。

基本的に学習塾は3月から新学年の内容に入るところが多いです。そのため2月に告知・宣伝をして3月頭から開業というのは人気のある開業のタイミングですね。

しかし本気で春の募集でかき集めたいなら「冬」に開業することをオススメします。

スポンサーリンク

オススメのタイミング ②6~7月

この夏休み前も人気のあるタイミングです。

「春のタイミングで塾に入り損ねた中1」「このまま今通っている塾で大丈夫かと考える中3」「学年が変わって急に算数ができなくなった小5」などがこの時期入ってきます。また夏休み前に宣伝をすることによって夏に部活を引退した中3を取り込むことができます。

6月に告知・宣伝をして7月に開業するパターンです。

オススメのタイミング ③11月~12月

冬休み前の開業です。

このタイミングで入会してくる中3は稀です。滅多にいません。

狙うのは「今通っている塾で定期テスト何回かやったけど全く成果が出なかった生徒」がメインの取り込む層になります。この時期は新規の生徒を獲得しに行くというよりは「年間最大募集期である春のために準備する」が一番重要になります。

人は塾を選ぶ時にいくつかの塾をピックアップしてその中から選ぶ傾向があります。始めに選択肢として選んでもらうためにはある程度認知される必要があります。そのため冬開業で多くのチラシを撒き、校門配布などを継続的に行い春の募集期に選んでもらえるような状態を作ることが最大の目的になります。また入塾後、紹介が生まれやすいのが入塾後1カ月~2カ月になります。例えば冬休み中に入塾した場合紹介が生まれやすいタイミングが2月、3月になるためちょうど「春」の募集と重なります。

欠点は春や、夏に比べると開業1カ月目での生徒の集まりはあまりよくないことですね。そこに耐えられる資金力があるのであれば「冬」の開業がオススメです。

STOP開業!!5月、8月、9月、10月

この4カ月は開業に適していません。

ほとんどの塾が上の3つのタイミングのどこかで開業しています。つまり「すでに刈り取った後」になります。宣伝をするにしても大きな募集はまだ先になります。「5月や10月はちょうど定期テストが返ってくるから」という理由で開業する人もいますが、正直定期テストの結果が悪かった・・という理由だけでは塾に引き込むのは難しいです。

1月、2月に関しては春の募集に向けてと意味が大きいかと思うのでありです。

開業を決めるその他の要素

開業は春、夏、冬のどこかが間違いないです。しかしそれだけでは決定しきれないので注意点と合わせて書いていきます。

テナントの契約

いいテナントは空いてないことが多いです。やっと空いたと思ったら契約は5月から、しかも契約した瞬間から家賃がかかる。そんな物件もあります。1カ月ぐらいなら契約したあともお金がかからない場合もあるんですけどね~。この場合は月が悪くても開業するほかないです。待ってても何もありませんからね。

退職

今どこかに勤めている方は会社を退職する必要があります。上司からの引き留め、有給の消化状況などで思うような退職にならないかもしれません。自分の人生とは言えできる限り音便に退職できるように注意をしましょう。

税理士

世の中の企業はほとんど3月か12月に決算期を迎えます。決算したあと二か月以内に税務署に結果を報告しなければなりません。そのため12~5月は税理士にとって繁忙期に当たります。その繁忙期以外で仕事を依頼すれば費用が安くすんだり、有名な税理士が顧問になってくれるかもしれません。※決算月は後で変更が可能なのでそこまで深く考える必要はないかも。

収支予測

開業したての時は当然生徒はいないので収入が「0」になる可能性が高いです。しかしそれでもテナント料はかかるので赤字になります。間違った時期に開業してしまうと3カ月赤字が続くなんてことはよくある話です。お金に余裕があるなら「冬」お金に余裕がないなら「春」の開業が無難です。

まとめ

どの時期に企業するかはその人によってしまいます。

上記に開業するに適したタイミングで開業できるようにできる限り調整をしたいですね。

どちらにせよ開業したあとはチラシにポスティングに校門配布、電話電話電話と行動を起こせば起こすほどいい結果になりやすいので本当に大切なのは「時期」よりも「マインド」です。

とは言え時期も大切な要素なのは間違いないのでしっかり考えて開業しましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事