スポンサーリンク

1日のスケジュール通常ver.

1日の流れをしっかり確認しておきましょう。いざ始めてみたらこんな予定じゃなかったなんてことが起こってしまうかもしれません。自分で「こんな感じで働くのか」というイメージを持ってください。

PM 14:00 出勤
PM 14:00~15:00 掃除
PM 15:00~16:00 授業準備・生徒獲得のアポイントTEL
PM 16:00~16:30 生徒来塾
PM 16:30~22:00 授業時間 PM 22:00~22:15 生徒帰宅
PM 22:15~23:00 明日の準備・予定の確認
PM 23:00 退勤
ざっくりですがこのような形になっています。

この中で特に意識してもらいたい時間は16:30~22:00の授業時間です。この時間をどのように使うかが生徒を増やすか減らすかの差がでます。 とことん生徒に絡んで下さい。その日、塾に来たすべての生徒に必ず一言は話しかけて下さい。他愛もない話をしてください。その積み重ねが紹介を生みます。

もし本当に生徒を増やしたい!!と思っているならば授業時間中は原則パソコン禁止です。

授業時間中に作業をしないと仕事が終わらないと思っている方・・次の日もっと早く来ましょう。仕事量を減らしてはいけません。自分の力にならないですよ。「仕事が多ければ減らせばよい」そう考えている大人に子供はついてきません。不思議なもんですよね。おそらく体感でなにか感じているのではないでしょうか?

もし本気で生徒を集めたいならば午前中から塾を開けておきたいです。もっとも多い勘違いは「生徒が来る時間にいればいいんじゃないいの?」という方です。これ本当に意外と多いんです。

保護者の方の活動時間は夕方ではありません。むしろ夕方は夕飯の準備などで忙しい時間になります。この時間にわざわざ塾に来ると思いますか?

理想は午前中から空いているのがベストです。自分以外の職員がだれかいるのであれば「時間フレックス制」にして開けといてもらうのはありだと思います。しかしこの場合でも生徒とのコミュニケーションは必ず取らなければならいので生徒が来塾する時間は教室にいたいですね。

集客のためには何時ぐらいに開校しているのがいいのか・・地域性もあるのでよく調べてみて下さい。

例えば筆者が開いていたところでは7年間で午前中の来塾は4件しかありませんでした。共働きが多い地域になるので午前中は働きにでているってことですね。それだと午前中から開けている意味はほとんどありません。

しかし別の場所だと問い合わせが午前中に集中しているところもあります。

このように地域によって多少保護者が来塾する時間は変わるので調査が必要です。

スポンサーリンク

1日のスケジュール講習会ver.

AM 9:00 出勤
AM 9:00~9:20 掃除
AM 9:30 生徒来塾・授業時間
PM 22:00~22:15 生徒帰宅
PM 22:15~23:00 明日の準備・予定確認
PM 23:00 退勤

季節講習会の場合はこんな感じです。朝早くから夜はいつも通りと非常に厳しい日程になっています。なので2~3日に1回塾が休みの日を作るなどの工夫をしないと体力的にしんどいです。まぁ体力に自信ある人は2週間連続とかでもいいかと思いますが・・・50歳になってそれができるか考えてみて下さい。

季節講習会は一切やらないという塾もありますが売上、学習量の観点から季節講習会をやらないという選択はないです。学校の授業が止まっていて復習のチャンスなのに何もしないのはもったいない。しかも客単価が5万円で生徒が50人いたら250万の売上になります。

季節講習会は夏休みや冬休みなど学校の長期休暇中に行われることが多いので午前中は非常に需要が多いです。そのためどんなに厳しくても午前中に教室は開けた方がよいでしょう。

職員が自分しかいない場合、自分が倒れたら終了です。自身の体力を過信しすぎないことが大切です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事