こんにちは!!

ただ漠然と「学習塾の経営やってみたーい」だけで開業しようとしていませんか?

この記事では学習塾企業・運営にあたり意識してもらいたい考え方、行動指針について話をしていきます。

マズローの欲求5段階説をご存知ですか?この説がそのまんま学習塾の経営に役立つので2つを照らし合わせて記事を書いていきます。

ここに書いてあることを高い次元で行動に起こすことができればきっとあなたは成功します。

この記事が少しでも皆様のお役にたてますように・・

スポンサーリンク

マズローの欲求5段階説

有名な説なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

第1段階:生理的欲求

「食欲」「性欲」「睡眠欲」など人間生命維持のために必要な欲求です。

第2段階:安全欲求

身や精神の安定、安全、安心を求める欲求です。

第3段階:社会的欲求

家族、友人、学校、会社などのコミュニティから受け入れられたい欲求です。

第4段階:承認欲求

他社から承認されたい(認めてもらいたい)欲求。

第5段階:自己実現欲求

自分の「こうなりたい」を実現したいと思う欲求。

簡単にお言うとこんな感じです。これがなぜ今関係があるのか?これらの欲求は学習塾ですべて満たすことができるんです。またこれらを満たしていくことで入会しやすく退会しにくい塾が生まれます。

そのためこのマズローの欲求5段階説はしっかりと意識する必要があります。

それでは学習塾の仕事に合わせてこれらの欲求を見ていきましょう。

スポンサーリンク

第1段階:生理的欲求

いきなり書くことが無くなりました。そもそも「食欲」「性欲」「睡眠欲」なので正直ここはあまり意識する必要ないでしょう。ここの段階をクリアできていない人が学習塾を探しているとは思えません。

もしクリアできていない子供が来たとしたら最寄りの警察か市役所の子供支援課などに電話をお願いします。

第2段階:安全欲求

身や精神の安全を求める欲求です。ここから意識して下さい。

想像をしてみて下さい。

A:外からみるとコンビニのお弁当の容器やタバコの吸い殻が散乱している。また電球も所々切れかかっているのかチカチカしている。壁にはポスターの様なものが貼ってあるが色褪せておりなんて書いてあるのかよくわからない。ドア付近まで行けば色褪せたポスターは4年前のものだったことがわかった。ドアはガラス扉だが指紋や泥が付着していてできれば触りたくない。

教室に入ると床にはゴミが落ちており隅っこには蜘蛛の巣が発生していてお食事中だった。またエアコンの掃除をしていないのかほこりっぽく変な匂いがする。

塾長はボサボサヘアーの30代。若いのにこの世の終わりのような雰囲気ができている。

B:外からみてもきちんと整理整頓されているのがわかる。前面がガラスになっており大きく今やっているイベントやキャンペーンのポスターが貼ってある。ポスターの上には「満席まで14名!!」と書いてあり繁盛感がでてる。昨日は「満席まで16名!!」!!だったのに。塾長と思われる方が毎日掃き掃除をしており近隣のテナント人もあいさつをしていて良好な関係が伺える。

中に入ると白を基調としていて非常にキレイ。また面談する場所までの導線がしっかり確保されておりゴミは見当たらない。雨が降っていたがカバンようにと乾いたタオルを渡してもらい濡れたものをふけた。

塾長は30歳と若く感じたが熱意がありハキハキと話していて好印象。

さて、どちらがいいと思いましたか?これは極端な例ですが言いたいことはわかってもらえるはず。

Aのパターンだと安心、安全だと思えませんよね?結果人は寄り付かなくなります。こんなところないだろうと思われる方もいるかと思いますが、長年同じ場所にいると日々少しづつ汚れていることに気が付かないものです。

一度「汚い」という印象を持ってしまうとこれを払拭するのはかなりの年月が必要です。悪い噂が広まるのは本当に早いです。海を渡ったスーパースターのニュースより芸能人のスキャンダルの方が好まれますからねぇ。

Bのパターンはまぁ印象いいでしょう。これを目指したいという模範です。

つまり徹底的に掃除をして整理整頓を心掛け自身の身だしなみもしっかりする。これが第2段階をクリアできるかどうかです。

ご自身の子供を学習塾に入れるとき、どちらの学習塾にいれますか?

そうゆう目線で見てみて下さい。自ずとどうすればいいのかわかってくるはずです。

第3段階:社会的欲求

自身の安全が確保されました。次はグループへの所属欲求です。やはり人間一人では生きていけない。学校や会社でも一人はさみしいですよね。ちなみに帰属欲求とも言い換えられます。

この欲求を叶えるにはとにかく話しかけることです。話しかけることにより「あなたは一人ではない」ということを意識してもらいます。

自習している時に「なにかわからないものはある?」と一言声をかけるだけでOKです。もしあればそのまま質問してくれますし、なければ「なんかあったらすぐ言ってね」と一言添えれば完璧です。

「頼れる人がいる」「助けてくれる人がいる」「困ったときに味方になってくれる人がいる」そう思わせることができれば社会的欲求は満たされます。

入会したらここの塾に所属しているんだから社会的欲求は満たされたよね?と思っていると事故が起きるので注意が必要です。入会したあとが大切です。「入会させたら終わり」ではないのが学習塾の特徴です。その後のケアも意識しましょう。

第4段階:承認欲求

さぁ安全が確保され自分が所属するグループも決まりました。すると今度は承認の欲求がでてきます。友人や同僚、先輩後輩、上司から認められたいという欲求です。これは口で言うのは簡単です。

誉めればいい。

ただこれだけです。もしあなたが個別指導もしくは映像授業型の塾を検討しているのであればこれだけです。

なぜか?

個別指導型や映像授業型のが学習塾を探している生徒はほとんどが低学力層です。テストで10点20点は当たり前です。そんな子たちが学校や親から「勉強できるね」と言ってもらえると思いますか?まず言われていないでしょう。

そんな中、塾の先生から「この問題できるじゃん!すげーな!!」って言われたらどうです?すごく嬉しくなっちゃいますよね?

もっと言うと別に学習面の話でなくてもいいんですよ。「字キレイだね」「ノート見やすいね」「ちゃんと時間に塾にこれたじゃん」「髪型いい感じじゃん」「くつかっこいいね」こんなので大丈夫です。

この声かけができるだけで生徒達の承認欲求は満たされます。誉められ慣れていない人ならなおのことです。

ただ褒めるという動作・・相手にいうのが中々難しい。普段意識していないと気が付いたら生徒は帰っていたとか起こります。誉めることが重要なのはわかってもらえたかと思います。あとは実践してください。

第5段階:自己実現欲求

 最後です。安心安全でグループもできみんなに存在を認めてもらえた。最後に自己実現の欲求です。第4段階までで最低限満足できるものは手に入れました。でもまだ自分お中では「もっとこうしたい」「さらにあぁしたらよくなるのに」というものがあります。これを実現したいという欲求。これが自己実現の欲求です。

ここまできたら生徒面談などを通してまず目標はどこなのかを聞き出します。その後そこに向けて今何をすべきなのかまで逆算していきます。そのようにして生徒と目標を共有する。これを意識してもらいたいです。

例をあげます。現在中3の女の子としましょうか。

勉強が本当に苦手でコミュニケーションを取ることも苦手としている生徒が入会して塾長に励まされながら少しづつ勉強ができるようになった。始めは高校にいけるかも危ぶまれていたが今では元々志望していた高校よりも上の高校にいけるかもしれない。自分もやればいろいろできることを知り将来看護師になりたいという夢を持ち始めた。

このような生徒は学習塾業界にいれば多く見かけます。この生徒、どのように指導していきますか?

将来の夢からが逆算して話をしていきましょう。

将来看護師を目指しているなら〇〇大学とかオススメだよ。大学付属の病院もついていて実習はそこでできるし就職もしやすいからね。

う~んまだそこまで考えられないや。

まぁそうだよね。でも一応話は聞いといて!!〇〇大学行くなら△△高校ぐらいにいかないと厳しくなっちゃうんだ。□□高校に行っちゃうと大学に行ってる人が少ないでしょ?

ほんとだー。じゃー△△高校あたりを目指せばいいのね。

そう。△△高校目指すなら◆点取らないといけないから今やらなきゃいけないのは●●(科目)の●●(単元)だね。さぁ頑張っていこう!!

と、言う感じです。

将来の目標を持った生徒に対してその目標を達成するためには今を何をすべきかというところまで逆算して話すように心がけて下さい。

ポイント

整理整頓身だしなみに注意を払え

生徒に話しかけろ

些細なことでもみつけてほめろ

夢を語れ

その夢の実現の道筋をみせろ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事