こんにちは!!

学習塾で開業してみたいけど自分でできるか不安と考えたことはありませんか?

この記事を読めば学習塾業界が今どのような状態に置かれているのかがわかります。背景を知ることによって、開業するかどうかを決めることができますし、開業した時に知識という大きな武器になります。

同時に運営するにあたって常に意識しておいてほしいことも載せていますので合わせてお読み下さい。

この記事が大きな決断の第一歩になることを願っております。

スポンサーリンク

学習塾を始める前に・・

そもそも学習塾業界ってなんのためにあるの?

超基本です。ここがぶれると思うような塾運営ができなくなってしまうので運営の芯においてもらいたいと思います。

学習塾はただ勉強を教えるためのところではありません。

近年核家族化が進んでいるのはご存知かと思います。さらに共働きの家庭も増えています。つまり家に帰っても大人がいない状況というのが近年の子供たちの間で非常に多い状況です。

また、ニュースにもなっていましたが「同じマンション内であいさつが禁止」などますます大人と関わることが少なくなっているのが現代の子供たち。

つまり子供たちにとって身近な大人とは「親>学校の先生>塾の先生」という順番になっています。ちょっと前ならば「おじいちゃん、おばあちゃん」「近所のおじちゃん」「商店街のおばちゃん」が上位に入っていました。

しかし核家族化、商店街の消滅、知らない人と関わっちゃダメ・・等で身近な大人が塾の先生になっているということを意識して下さい。仕事を始めれば思っている以上に子供への影響が大きいことを実感すると思います。

身近な大人として何ができるのか

ただ勉強を教えるだけ。ならば正直だれでもできます。勉強だけではなく例えば教室に入る時は帽子を取るなど社会常識を教える、例えば将来の夢の話からその職業に就くためには何が必要で何をすべきなのかを伝える

ひと昔前までならばこれは祖父祖母であったり学校の先生であったり近所のだれかであったりしました。

しかし現代ではこれを行ってくれる人がいません。家にはだれもおらず近所付き合いは希薄、さらに頼みの学校の先生もここ最近の労働改革やモンスターペアレンツの出現を恐れてあまり踏み込んでこない。

自動的に「塾の先生」というのが最後の砦になります

塾の先生が身近な大人として何ができるのか。ただ勉強を教えるだけでは集客はできません。いくら営業力があろうといくら教務力があろうと資金をたっぷり使った大手の広告攻めや講師のヘッドハントには勝てません。スマホアプリをやる方は想像しやすいかもしれません。

「毎月10万円課金している人 vs 2カ月に一回1000円課金する人」

どっちが強いですか?ただそれだけの話です。

また勉強だけを教えて合格実績を出しその合格実績をエサに生徒を釣る。このやり方ではまず大手には勝てません。なぜか?個人塾で「有名高校100名合格」・・できますか?そのかわり大手ではできない「身近な大人として何ができるかのか」を武器に柔軟な姿勢で運営することに活路を見出すことができます。

このように大手学習塾ができないことを行い差別化を図る。これが独立開業した時の勝ち方になります。

もしあなたが今学習塾をやろうとしているなら「身近な大人」という言葉をよくよく考えてみて下さい。

もしあなたが現在すでに学習塾を運営していて生徒募集に行き詰っている場合「身近な大人」という言葉をよくよく考えてみて下さい。

もしもただ授業をするだけでいいと考えているならばほぼ間違いなく失敗します。「私の授業力のみで運営しきって見せる!!!」と思っている方がいたら考えを改めるか大手集団塾に転職するかをオススメします。厳しいようですが筆者は何人も失敗している人を見ています。皆「教務力」に特化している人達です。「教務力」だけでは運営ができないとおいうのはよくよく覚えていて下さい。

これが大前提です。

さて、次の項目でここから何を書くのかを説明します。

スポンサーリンク

これから書いていくこと

このブログでは題名にある通り学習塾を開業するために必要な知識やノウハウを細かく徹底的に書いていきます。ここに書いてあることをやれば100%成功する・・といわけでは残念ながらありません。しかし筆者がそれなりに激戦区(徒歩15分圏内に学習塾が16個)で開校2年目から1度も生徒数を100名を割ったことはないので間違いはないかと思います。

まぁマネするもよし、参考程度にとどめるのもよしです。

ちなみにこのブログでは成功のためにかなり営業目線で書かれています。そのため「教育でお金儲けなんて・・」と考えている方は不快に思うかもしれません。

しかし筆者からすれば「稼げない仕事になんの意味がある」と思うのです。生活はできない、義務である税金を納めることもできない。うん。ダメでしょ。

以上から「稼ぐために何をする」に重点を置いて書いていきます

そもそも学習塾って稼げるの?

結論!!!ピンキリです!!!

当然生徒がいれば儲かりますし、生徒がいなければ物件費や光熱費で赤字です。

フランチャイズでやる場合の例

ちなみに生徒100名、月謝単価2万円、家賃15万円、光熱費3万円、ロイヤリティ10%場合。

100×2×12カ月ー(15+3)×12ー約200万円=1984万円

講師の先生を雇うなら人件費といったものがかかります。

仮に人件費月18万(筆者の個別指導塾が生徒100名の時)、年間雑費50万円の場合

1984-216ー50=1718万円

まぁこの他にもわけのわからんなにかが年間300万かかるとしても

1718-300=1418万円

あっと季節講習会のことを忘れていました。この規模で講習会やると大体一回200~300万円の利益がでます。春、夏、冬と3度やれば大体+800万円

ということは合計約2200万円!!!!

日本人の平均が450万ぐらいでしたっけ?約5年分ですよ。。

ちなみに簡単に利益を上げる方法があります。人件費の削減です。もしすべての授業に筆者ができていた場合あと100万円は利益をあげられました。・・だって授業したくなかったんだもん。。

もし仮に映像授業型の塾にした場合人件費がかからないのでさらにランニングコストを抑えることができます。

まぁいろいろな会社さんが給料カットとか計画リストラだとかやっていますよね。いっそのことカットする側に回っちゃいましょう!!マンガとかでもよくあるじゃないですか・・「搾取される側ではなく搾取する側に。」

企業で務めている限り大成はほぼないです。だったら自分の力でいくらでも上に行ける可能性のあるフランチャイズや独立の方が夢がある。

まとめ

とりあえずやるからには稼ぎたい!!

そのためにもしっかり知識を持ち、適格なノウハウを学び、必ず成功させて、マンションとか株とか証券とかビットコインとか買って、残りの人生を遊んで暮らせる勝ち組になりましょう!!

一度しかない人生後悔は許されません。一度しかない人生楽しまなきゃ損です。

やってやりましょう!!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事