始めに・・

こんにちは!!

ここまで引越業者の選定、料金の値切り、事前準備について書いてきました。

今日はいよいよ引越当日です。まぁ特にすることはないのですがいろいろな注意事項について書いておきます。これを怠ると損をする!!・・かもしれません。

当日にやった方がいいこと

こちらはマストではないけどやっておいた方がいいことがあるかも・・ぐらいのやつです。

・隣のおうちに(マンションの場合は上下も)「〇月〇日〇時から引越が入るからうるさくなるかも!!」と一言言っておく。

・新居に業者が来る前に壁、手すり、角などキズがないかチェック。特に大きな荷物が通りそうな導線は念入りにチェックをした方がよい。

・新居周辺にご挨拶

トラブルを避けるためですね!!

ご近所さんに一言言っておく

「立つ鳥跡を濁さず」

とよく言います。終わりよければすべてよし。自分たちが気持ちよく新居にいけるように簡単な挨拶は済ませておきましょう。

引越当日はエレベーターが中々使えなくなったり前の道にトラックが止まるなど近隣住民にも迷惑をかけます。下手に絡まれてギクシャクするよりあらかじめ言っておいてトラブル回避する方が無難です。

大抵「ご丁寧にどーもー」とかで多少当日トラブルがあっても多めに見くれます。

あいさつ・・コミュニケーションの基本です。

新居キズチェック

大きな荷物が通るところは特に念入りにチェックをしましょう。引越作業時「養生」と言われる壁などを保護するモノはあります。ただそれでも万全ではないです。激しく当たると壁は傷つきます。

また養生をすることによって逆に汚れる場合がありあります。養生テープで貼ることがほとんどですがその時、新人さんがいたりすると張ってはいけないところに貼ってしまい塗装が剥がれるという事件も起きています。

引越作業時についた傷ならば言えば直してもらえます。当然時間が立てば引越でついた傷だと言っても取り合ってもらえません。すぐに気が付く必要があるので事前の確認はしっかり行いましょう。

今度は新居のご近所さんへ

挨拶してばかりですね。ただ今後長くお付き合いするわけですから必ず行って下さい。最近挨拶する人は減っていますが何かあった時に助けてくれるのはご近所さんです。良好な関係をができるように意識して下さい。

せっかくの新居、初日からご近所でバチバチ。。笑えないですよね。。

500円ぐらいの簡単なものから3000円ぐらいのちょっとリッチなものと人によってばらつきがあります。筆者はまいかい1500円前後のおかしです。

引越終了から~

引越に関していろいろ書いてきました。

少しでも皆さんに役に立てばと思います。

引越作業が終わったあとは荷ほどきだけですね。これが正直一番時間がかかるしめんどくさい。依然結局一回も開けずにそのまま次の引越になってしまったかわいそうな段ボールがありました。

ちなみに中身は裁縫セットや救急セットなどあったらいつか役に立つかもしれないものが入っている箱でした。

開け終わった段ボールが業者の回収サービスなどあるので使って下さい。電話すれば取りに来てくれます。

お引越しお疲れ様でした!!!!

いかがでしたでしょうか?元引越業者が語る引越のアレコレ。ぜひお引越しの際は役に立ててくれると幸いです。

まとめ

・引越の見積もりは複数業者を取り価格戦争を誘発する。

・注意を守りながら荷造り

・旧居、新居ともにあいさつ回りは忘れずに

ここれだけ抑えておけば大きな事故はないはずです!!

引越事前準備もしかり読んでおいて下さい。役所に行ったりといろいろやらなくてはならないことが多く書いてあります。ここまでありがとうございました!!!

準備がしっかりできればい引越ができます!!

次は番外編。引越しを思いついてからの流れを時系列でみていきます!!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事